1.             トップ
  2. 有効性試験メニュー

En

▷トップ◁

     

有効性試験の受託

当試験機関では以下の有効性試験を受託しています(リンクからジャンプ)。
ヒト臨床試験 抗シワ試験[連用]、保湿・ハリ弾力試験[即時・持続]、保湿・美白・肌改善試験[連用] 生化学・細胞試験 美容3領域検討セット[生化学]、抗シワ・抗老化検討セット[細胞]、美白・くすみ検討セット[細胞]     抗酸化能検討セット[生化学] 遺伝子発現解析 美白8遺伝子[色素細胞、表皮細胞]、抗老化6遺伝子[線維芽細胞]、保湿6遺伝子[表皮細胞]     マイクロアレイ[ヒト培養細胞] その他 採血・採便・採尿と分析、肌フローラ(常在菌叢)、血流、皮膚温、脳波、角層セラミド定量     石鹸・クレンジング、毛髪、炎症ほか





ヒト臨床試験

当施設では世界中の研究者によって科学的な妥当性が検証済みの専門機器を、試験に精通した技術者が適切な理解のもとメンテナンス、セッティングして使用しています。温度は1℃、湿度は5%変化すれば肌のコンディションは顕著に変化します。当試験機関ではターゲット温度に対して±0.3℃、湿度に対して±2.0%程度で制御するヒト専用の人工気候室(恒温恒湿室)で測定を行います。僅かな肌の変化も見逃さない精緻な試験体制は、抗シワ試験と美白・保湿試験を同時実施するような高度な運営を可能とします。そのため当施設で取得したデータは外国査読雑誌への論文投稿にも耐え、自信を持ってマーケットへの訴求や景表法上の根拠、組織内教育に活用できます。オプションとして臨床試験結果を医学雑誌に論文掲載したり、被験者が使用感や効果感などのデプスインタビューを試験委託者から受けたり、メディアに露出することも可能です。経皮吸収・浸透、脳波、肌フローラ(皮膚菌叢)・角層セラミド定量・血流・皮膚温、毛髪、クレンジングなど、目的に応じて試験設計するコンサルティングカスタマイズも可能です。機能性表示食品等の開発であれば、採血・採便・採尿とその分析を伴う臨床試験や大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)への事前登録も承ります。

ヒト

抗シワ試験(シワ訴求製品評価ガイドライン準拠、2または4週間連用)

 新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン※  に準じた抗シワ試験を実施します(抗シワ試験の方法など詳細)。
※日本香粧品学会 抗老化機能評価専門委員会(化粧品機能評価法検討委員会)策定

試験項目

Trained Expertによるシワグレード判定、写真撮影(フルフレームDSLR)、
レプリカ定量解析(シワ最大深度、シワ体積率、シワ平均深度、シワ最大幅、シワ面積率、シワ本数)
シワ定量値の統計解析
※ 弊社が独自開発したソフトウエアによる目尻シワ重ね合わせ解析画像(オプション)
※ 美白・保湿・血流・毛穴・キメ検討"同時実施オプションあり
4週間連用保湿・美白・肌改善試験 n20に"ほぼ"相当:抗シワ訴求+網羅検討を効率的に実施)
※ 医学雑誌への掲載オプションあり(他試験機関のデータも可)

被験者 日本人女性20名
測定 試験前、2週間後(納期お急ぎのお客様)または4週間後
費用・期間 最安価格。納期は4週間~お問い合わせ
対象物 スキンケア製品、シートンマスクなど
表記・訴求 抗シワ訴求「乾燥による小ジワを目立たなくする」、ほか
結果予測 被験品を事前に拝見し、試験結果の見通しをお知らせします

※キー原料などがコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの産生/分解遺伝子発現に及ぼす影響を検討する「抗老化・シワ・ハリ関連遺伝子 検討セット」も別途ご用意しております。抗シワメカニズムの一端を明らかにする事によって研究開発・商品企画の指針を得たり、学術面を含めた立体的な訴求・販促・差別化戦略をたてる事も可能です。



↓弊社が独自開発したソフトウエアを用いたシワ解析画像。抗シワ試験ガイドラインを凌駕した、直感的データをオプション提供↓

  • 抗シワ試験-目尻のデジタル一眼画像
  • 抗シワ試験-目尻シワ解析画像














ヒト

保湿・ハリ・弾力試験(塗布即時効果および持続力)

化粧品などを前腕屈側部に塗布し、保湿・柔軟性・ハリ・弾力への即時的な効果や持続力をセットで評価します。
洗顔料やクレンジングの評価に応用することも可能です。

試験項目 角層水分量皮膚粘弾性(柔軟性・ハリ・弾力)水分蒸散量(オプション)、pH(オプション)、
被験者 日本人女性5名(予備試験)、10名~
測定 塗布前・30分後・1時間後・2時間後(即時)、即時+4時間後・6時間後(持続力)
期間・費用 約3週間~・お問い合わせ
対象物 スキンケア製品、洗浄料、シートマスク、美容機器・雑貨、化粧品原料など
表記・訴求 肌の潤いを保つ、洗うほどに潤う、潤い持続、水分保持力、ハリ・弾力のある肌、柔軟、エイジングケア


ヒト

保湿試験・肌改善&美白試験(4週間連用、全項目を網羅的に解析)

連用した化粧品の効果を網羅的に評価します。肌への有効性を徹底的に分析し、化粧品の持つ可能性に迫ります。

試験項目 角層水分量経皮水分蒸散量皮脂量柔軟性・ハリ・弾力pH角層診断(多重剥離、肌荒れ)
レプリカ解析(ソフトウエアによるシワ・キメ・毛穴の定量解析)
肌色(肌の明るさ・赤み・黄み、ヘモグロビンHb-Index、Hb酸素飽和度、メラニンIndex)、メラニン量Hb量
VISIA全顔解析(シミ、隠れシミ、茶色いシミ、シワ、キメ、毛穴、紅斑、ポルフィリン)
基本アンケート(標準的な質問を修正・追加する事もオプションで可)、視感判定
(クロス集計・データマイニングにご活用下さい。例:くすみが気になる被験者では、試験前後でシミ個数が減少)
被験者 日本人女性10名~
測定 試験前、4週間後
期間・費用 約2ヶ月~・お問い合わせ
対象物 スキンケア製品、シートマスク、美容機器・雑貨、機能性表示食品、化粧品原料など
表記 美白系  :透明感、明るい肌、くすみ・シミ・黄ぐすみ・クマのない肌、美透白、even skin tone
訴求 抗シワ・老化系 :ハリ・弾力のある肌、たるみ・シワのない肌、アンチエイジング、エイジングケア
理想肌 保湿系  :潤いのある肌、バリア機能の高い肌、やわらか肌、ターンオーバーが正常な肌、乾燥肌
肌悩み 外観/複合:キメの整った肌、毛穴が目立たない肌、たるみ毛穴、血色の良い肌、クリアな肌、赤ちゃん肌

保湿試験・肌改善&美白試験の大分部と抗シワ試験(訴求ガイドライン準拠)を組み合わせた包括的な検討も可能(オプション)。


保湿試験・肌改善&美白試験で実施可能なキメ(肌理、オプション)・毛穴の解析例

  • キメ(肌理)画像-アプリを用いた肌理解析
  • 毛穴画像-アプリを用いた毛穴解析
  • キメ(肌理)画像-アプリを用いた肌理解析
 















※美白試験コラム
美白への回帰、2生体防御機構、3美白研究テーマ、4当試験機関の美白試験

 
 
 
 
 
 

生化学・細胞試験

機能原料のスクリーニングや開発指針を得る事ができます。得られたデータによって、配合化粧品の差別化訴求も可能となります。

in vitro

美容3領域簡易検討セット〈美白|抗シワ(老化)|抗酸化〉

美白・抗シワ(老化)・抗酸化という市場ニーズの高い3領域で、被験物質の多面的な性質を"極めて"安価に検討します。

項目 【 美白 】チロシナーゼ阻害 メラニン合成酵素チロシナーゼに対する阻害効果を、酵素生成物ドーパクローム生成量で測定
【抗シワ】エラスターゼ阻害 ハリ・弾力、抗シワの源、エラスチンを分解するエラスターゼ酵素活性に対する阻害効果を測定
【抗酸化】活性酸素消去能 抗シワや美白作用に有効と言われる抗酸化力をDPPHラジカル消去能から測定
期間 ・費用 約3週間~・お問い合わせ
対象 化粧品原料など

抗シワ/老化メカニズム美白メカニズム美白コラム



in vitro

抗シワ/老化検討セット(培養細胞)〈コラーゲン|ヒアルロン酸|細胞賦活〉

コラーゲン・ヒアルロン酸は、肌のハリや弾力、瑞々しさ、シワができにくい肌状態の維持に必要不可欠な成分です。ヒト線維芽細胞によるこれら抗シワ・老化成分の産生に対して、被験物質がもたらす効果を検証します。

項目 コラーゲン産生促進 肌にハリ・弾力を与える1型コラーゲンの産生量に対する効果をELISAで測定
ヒアルロン酸産生促進 コラーゲンやエラスチンの間で水分を抱え込むヒアルロン酸の産生促進効果をELISAで測定
細胞賦活 真皮線維芽細胞の増殖に対する効果を測定
期間 ・費用 約4週間~・お問い合わせ
対象 化粧品原料など

抗シワ/老化メカニズム



in vitro

美白/くすみ検討セット〈メラニン産生量|チロシナーゼ活性|〉

色素細胞(メラノサイト)でチロシナーゼと呼ばれる酵素の活性が高まり、過剰に生成されることがシミやくすみの一因です。色素細胞によるこメラニンの産生に対して被験物質がもたらす効果を複数ポイントで検証します。

項目 メラニン産生 色素細胞(B16メラノーマ培養細胞)のメラニン産生量に与える被験物質の効果を検証
チロシナーゼ阻害活性 メラニン合成酵素チロシナーゼに対する阻害効果を、酵素生成物ドーパクローム生成量で測定
  comming soon
  comming soon
期間 ・費用 約4週間~・お問い合わせ
対象 化粧品原料など

美白メカニズム



in vitro

抗酸化能検討セット〈O₂-|•OH|過酸化脂質〉

活性酸素種(Reactive Oxygen Species, ROS)は、シミ/シワ/ハリ・弾力の低下/くすみや黄ぐすみ/毛穴の目立ち/キメの乱れ/肌荒れの一因と言われています。活性酸素は多岐にわたり、それぞれに対応する抗酸化成分が必要です。そこで、紫外線による炎症や代謝などで初期に生成されるスーパーオキサイドアニオン(O₂-)、最強の活性酸素と言われるヒドロキシラジカル(•OH)に対する被験物質の消去作用、そして、皮脂などが酸化して発生する過酸化脂質(LOOH)の生成を抑制する作用、これら合計3つの活性酸素種に対する被験物質の抗酸化能をセットで評価します。

項目 SOD様活性 O₂-消去能をスーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase, SOD) 様活性として測定
OHラジカル消去能 過酸化水素から生成する•OHに対する被験物質のラジカル消去作用を測定
過酸化脂質生成抑制 不飽和脂肪酸の1つであるリノール酸が酸化してできる共役ジエンを測定
期間 ・費用 約3週間~・お問い合わせ
対象 化粧品原料など

抗シワ/老化メカニズム美白メカニズム美白コラム









  • 皮膚一次刺激性-In vivo:パッチテスト

遺伝子発現 PCR&アレイ解析《美白・抗シワ/老化・保湿》

肌の《美白・抗シワ/老化・保湿》をコントロールする遺伝子発現に対する被験物質の効果をリアルタイムPCRで評価します。

<RT-PCR による遺伝子発現解析のしくみ>

タンパク質の設計図であるDNAを鋳型にしてRNAができ、RNAがアミノ酸を数珠つなぎにするとタンパク質ができます。当社では目的タンパク質のRNAに相補的なDNA(cDNA)を作り、cDNA量から遺伝子をリアルタイムで定量するリアルタイムRT-PCR(Reverse transcription-polymerase chain reaction)を用いて遺伝子発現解析を行います。これにより、原料等の美白・抗シワ・老化・保湿効果メカニズムを検証できます。研究開発だけではなく、商品設計・企画・営業提案にも活用できます。採取したRNAの発現を、DNAチップを用いて網羅的にマイクロアレイ解析することも可能です。

PCR

美白関連遺伝子 検討セット

紫外線で刺激された色素細胞(メラノサイト)では、過剰にメラニンが生成されます。これが表皮角化細胞に移行・滞留してシミができます。そこで表皮角化細胞や紫外線を照射した色素細胞の8つの美白関連遺伝子(メラニン産生、メラノサイトの刺激、メラニンの移行/滞留)の発現に集中して、被験物質の効果をPCRで評価します。

美白コラム



色素細胞(メラノサイト)によるメラニン産生にかかわる遺伝子
色素細胞 チロシナーゼ(メラニン合成関連酵素) Mc1r(メラノサイト刺激ホルモン受容体)
表皮細胞(ケラチノサイト)による色素細胞(メラノサイト)刺激にかかわる遺伝子
表皮角化細胞 COX-2(PGE2産生酵素、色素細胞刺激) IL-1α(炎症性サイトカイン、色素細胞刺激)
エンドセリン-1(メラニン産生促進ペプチド) MIF(マクロファージ遊走阻止因子、色素細胞刺激)
表皮細胞(ケラチノサイト)によるメラニンの抱え込み・滞留にかかわる遺伝子
表皮角化細胞 PAR-2(メラニン抱え込み因子) SCF(幹細胞増殖因子、PAR-2産生)

美白関連遺伝子について図解したシミ・くすみ(美白)遺伝子発現試験の詳細(研究開発・商品企画・営業提案のヒントに)

 

PCR

抗老化・シワ・ハリ関連遺伝子 検討セット

コラーゲンエラスチンヒアルロン酸の機能が損なわれると、皮膚のハリ・弾力が低下してシワができます。そこで、真皮線維芽細胞によるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生や分解など、抗シワ・老化に関わる遺伝子発現に対する被験物質の効果を、PCRで集中的に検証します。

真皮線維芽細胞 1型コラーゲン MMP-1(1型コラーゲン分解酵素)
エラスチン(弾性線維) NEP(エラスチン分解酵素)
HAS-1,2(真皮ヒアルロン酸合成酵素) ヒアルロニダーゼ-1  (ヒアルロン酸分解酵素)

抗シワ・老化関連遺伝子について解説したシワ・弾力・ハリ遺伝子発現試験の詳細 (研究開発・商品企画・営業提案のヒントに)

 

PCR

保湿・バリア機能関連遺伝子 検討セット

表皮角質層で保湿やバリア機能を担う3要素は、細胞間脂質を構成するセラミド、アミノ酸やヒアルロン酸などの天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor:NMF)、そしてコーニファイドエンベロープ(Cornified Envelope:CE)です。これら保湿・バリア機能にかかわる遺伝子発現に対する被験物質の効果を、PCRで集中的に検証します。
オプション:材料を単層細胞から3D表皮モデルに変更してPCR解析。抗体を用いて、表皮組織における任意のタンパク質の過多や分布を免疫組織化学的に蛍光色で視覚化することも可能です。

表皮角化細胞 β-グルコセレブロシダーゼ(セラミド産生酵素) アルカリセラミダーゼ-2(セラミド分解酵素)
スフィンゴミエリナーゼ(セラミド産生酵素) フィラグリン(天然保湿因子NMFの材料)
トランスグルタミナーゼ-1(CE成熟酵素) HAS-3(表皮ヒアルロン酸合成酵素)

保湿・バリア機能関連遺伝子について図解した 保湿・バリア遺伝子発現試験の詳細 (研究開発・商品企画・営業提案のヒントに)

 
 
検出方法 :リアルタイムPCR-TaqMan法 / 内在性コントロール:GAPDH
期間・費用 :約4週間・お問い合わせ
対象物  :化粧品原料、美容機器など
 

 

アレイ解析

マイクロアレイにるヒト培養細胞RNA発現の網羅解析

採取したRNAの発現プロファイルをDNAチップを用いて網羅的に解析します。
Agilent Array発現解析GeneChip® Array発現解析を使用。

ヒト培養細胞 抗老化・シワ、保湿・バリア、美白・抗炎症などに関連する遺伝子のほか、2万以上のヒト遺伝子に対応。
(角化細胞、 様々なアイデアでカスタマイズして前処置したヒト培養細胞からRNAを抽出。
線維芽細胞など) 2万以上の遺伝子発現プロファイルを網羅的に解析します。開発指針の導出に最適。
 

 



その他

経皮吸収・浸透、脳波、肌フローラ(皮膚菌叢)・角層セラミド定量
・血流・皮膚温、毛髪、クレンジングなど

(詳しくはお問い合わせ下さい。)

肌フローラ 皮膚常在菌の多様性や善玉菌、悪玉菌の状態を解析
経皮吸収や浸透 三次元皮膚モデルを用いて成分の浸透性を見える化・定量化/ヒト臨床試験で浸透性を検証
   in vivoでヒト角層深度と浸透量との関係を分析(臨床試験)
血流・皮膚温 血流試験、皮膚温度分布解析:サーモグラフィー
脳波 化粧品使用/施術後の集中度・リラックス度などをアルファ波、ベーター波から評価
角層セラミド テープストリッピング角層の総セラミド量分析
毛髪 うるおい(水分)、櫛通り(摩擦力)、ツヤ(画像&定量解析)、SEM、強度、ハリコシ
クレンジング評価 角栓溶解効果評価試験
石鹸評価 起泡力評価試験
起泡持続力評価試験
起泡粘性評価試験
人工汚染布を用いた洗浄力試験
その他評価試験 人工皮脂による化粧崩れ評価試験
ビタミンC安定化作用
成分分析(カテキン)
  • 眼刺激性-角膜上皮由来細胞を用いた細胞毒性試験
  • 眼刺激性-角膜上皮由来細胞を用いた細胞毒性試験
  • 眼刺激性-角膜上皮由来細胞を用いた細胞毒性試験
  • 眼刺激性-角膜上皮由来細胞を用いた細胞毒性試験





受託実績(抜粋)

訴求(最左列)に相当する試験セット(最上行)と試験法、実績。市場に問うべき価値に応じてクリエイティブにご相談下さい。

理想肌
肌悩み
肌状態
訴求
など
ヒト試験 生化学・細胞試験 遺伝子発現解析 その他
保湿
ハリ弾力
即時持続
抗シワ試験
ガイドライン
(4週間)
保湿・美白
肌改善
(4週間)
美容3領域
簡易検討
セット
抗シワ・老化
培養細胞
検討セット
抗酸化
集中検討
セット
美白
8遺伝子

美白メカニズム
抗シワ・老化
6遺伝子

抗シワメカニズム
保湿バリア
6遺伝子

保湿メカニズム
シミ VISIAの
各種シミ
抗酸化
チロシナーゼ
SOD
OHラジカル
過酸化脂質
Tyr,Mc1r
COX2,IL1
EDN1,MIF
PAR2,SCF
透明感
くすみ
黃ぐすみ
角層水分量
色差計Lab値
ヘモグロビン
メラニン
メラニン量
ヘモグロビン量
キメ毛穴レプリカ
頬スコープ
VISIAキメ毛穴シミ
抗酸化
チロシナーゼ
SOD
OHラジカル
過酸化脂質
Tyr,Mc1r
COX2,IL1
EDN1,MIF
PAR2,SCF
GBA,SMPD
ACER,HAS3
FLG,TG
酸化タンパク
(カルボニル化)
保湿
潤い
バリア機能
角層水分量
水分蒸散量
角層水分量
水分蒸散量
抗酸化 SOD
OHラジカル
過酸化脂質
GBA,SMPD
ACER,HAS3
FLG,TG
ハリ弾力
たるみ
皮膚粘弾性 皮膚粘弾性 抗酸化
エラスターゼ
コラーゲン
ヒアルロン酸
細胞賦活
SOD
OHラジカル
過酸化脂質
COL1,MMP1
ELN,NEP
HAS1/2,HYAL
シワ 角層水分量
水分蒸散量
皮膚粘弾性
目尻レプリカ
写真
シワグレード判定
目尻レプリカ
写真
VISIAシワ
抗酸化
エラスターゼ
コラーゲン
ヒアルロン酸
細胞賦活
SOD
OHラジカル
過酸化脂質
COL1,MMP1
ELN,NEP
HAS1/2,HYAL
GBA,SMPD
ACER,HAS3
FLG,TG

理想肌
肌悩み
肌状態
訴求
など
ヒト試験 生化学・細胞試験 遺伝子発現解析 その他
保湿
ハリ弾力
即時持続
抗シワ試験
ガイドライン
(4週間)
保湿・美白
肌改善
(4週間)
美容3領域
簡易検討
セット
抗シワ・老化
培養細胞
検討セット
抗酸化
集中検討
セット
美白
8遺伝子

美白メカニズム
抗シワ・老化
6遺伝子

抗シワメカニズム
保湿バリア
6遺伝子

保湿メカニズム
毛穴
学会発表
皮膚粘弾性 毛穴レプリカ
頬スコープ
VISIA毛穴
抗酸化
エラスターゼ
コラーゲン
ヒアルロン酸
細胞賦活
SOD
OHラジカル
過酸化脂質
COL1,MMP1
ELN,NEP
HAS1/2,HYAL
キメ
肌理
角層水分量
水分蒸散量
皮膚粘弾性
キメレプリカ
頬スコープ
VISIAキメ
抗酸化
エラスターゼ
コラーゲン
ヒアルロン酸
細胞賦活
SOD
OHラジカル
過酸化脂質
COL1,MMP1
ELN,NEP
HAS1/2,HYAL
GBA,SMPD
ACER,HAS3
FLG,TG
皮脂
日経(皮脂とハリ)
皮膚粘弾性 皮脂量
VISIAポリフィリン
抗酸化 過酸化脂質 COL1,MMP1
ELN,NEP
HAS1/2,HYAL
血めぐり
血流・血行
血色
ヘモグロビン酸素飽和度
色差計a値
ヘモグロビン量
サーモグラフィー
血流計(レーザースペックル)
紅斑
抗炎症
VISIA紅斑
ヘモグロビン量
色差計a値
抗酸化 SOD
OHラジカル
過酸化脂質
COX2,IL1
EDN1,MIF
パッチテストを応用
機能食品 採血・採尿・採便分析

お問い合わせ・お申し込み

お問い合わせ・お申し込み