1. トップ
  2. 有効性試験メニュー
  3. 抗老化(シワ、ハリたるみ)関連の臨床・生化学細胞・遺伝子試験紹介

En

      

抗老化・ハリ弾力たるみ試験の試験紹介《理想肌/肌悩み/訴求別》

抗老化・ハリ弾力たるみ試験の試験
《理想肌/肌悩み/訴求別》





ヒト試験

保湿・ハリ弾力試験(塗布即時効果および持続力)

被験物質塗布後の保湿(角層水分量)・柔軟性・ハリ・弾力(皮膚粘弾性)への即時的な効果や持続力をセットで評価。


抗シワ試験(2または4週間連用 、抗シワ試験の詳細

抗シワ製品評価ガイドライン ※に準じた抗シワ試験を実施します。

※日本香粧品学会 抗老化機能評価専門委員会(化粧品機能評価法検討委員会)により策定


肌改善試験・保湿試験(4週間連用、全項目を網羅的に解析)
連用した化粧品の効果を網羅的に評価。柔軟性・ハリ・弾力肌色解析、レプリカ解析、VISIA全顔解析(シミ、隠れシミ、茶色いシミ、シワ等)


生化学・細胞試験

美容3領域簡易検討セット〈美白|抗老化|抗酸化〉

市場ニーズの高い美白/抗老化/抗酸化 領域で、被験物質の有用性を安価に検討。チロシナーゼ(メラニン産生)阻害エラスターゼ阻害(抗老化)活性酸素消去能 (抗酸化)の3つをセットにして、化粧品原料などの被験物質を評価。


抗老化検討セット(細胞)〈コラーゲン|ヒアルロン酸|細胞賦活〉

真皮ヒト線維芽細胞に対する細胞賦活、およびコラーゲン産生促進・ヒアルロン酸の産生促進作用を検討します。


抗酸化能検討セット〈O₂-|•OH|過酸化脂質〉

スーパーオキサイドアニオン(O₂-)に対してSOD様活性、ヒドロキシラジカル(•OH)に対してOHラジカル消去能、過酸化脂質(LOOH)に対しては過酸化脂質生成抑制。各活性酸素種(ROS)に対する被験物質の抗酸化能をセットで評価。


遺伝子発現解析

抗老化遺伝子 検討セット

真皮線維芽細胞の抗老6化遺伝子の発現を解析。被験物質の効果をセットで検証。

1型コラーゲン MMP-1(1型コラーゲン分解酵素)
エラスチン(弾性線維) NEP(エラスチン分解酵素)
HAS-1,2(真皮ヒアルロン酸合成酵素) ヒアルロニダーゼ-1(ヒアルロン酸分解酵素)

参考:コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの変質によるシワ発生、肌のハリ・弾力低下メカニズム