1. トップ
  2. 有効性試験メニュー
  3. 抗酸化関連の生化学細胞

En

      

抗酸化関連の試験《理想肌/肌悩み/訴求別》

抗酸化関連の試験
《理想肌/肌悩み/訴求別》

美容3領域簡易検討セットに含まれる抗酸化試験(DPPH)、抗酸化検討セットが抗酸化試験に相当します。また、コラーゲンの糖化はタンパク質カルボニル化の一種であり、広義の酸化反応です。そのため美白・くすみ検討セットに含まれる糖化試験も抗酸化試験に相当します。





生化学・細胞試験

美容3領域 簡易検討セット〈美白|抗老化|抗酸化〉

市場ニーズの高い美白/抗老化/抗酸化 領域で、被験物質の有用性を安価に検討します。チロシナーゼ(メラニン産生)阻害エラスターゼ阻害(抗老化)活性酸素消去能 (抗酸化)の3つをセットにして、化粧品原料などの被験物質を評価。


抗酸化能 検討セット〈O₂-|•OH|過酸化脂質〉

スーパーオキサイドアニオン(O₂-)に対してSOD様活性、ヒドロキシラジカル(•OH)に対してOHラジカル消去能、過酸化脂質(LOOH)に対しては過酸化脂質生成抑制。各活性酸素種(Reactive Oxygen Species, ROS)への抗酸化能をセットで評価。


美白・くすみ検討セット〈メラニン産生量|メラニン前駆体の黒化|コラーゲン糖化〉色素細胞によるメラニンの産生や、メラニン前駆体の酸化重合による黒化に対する被験物質の影響を検証します。更に黄ぐすみの原因であるコラーゲンの糖化に対する被験物質の効果も検証します。