1.              トップ
  2. 有効性試験メニュー
  3. シミ画像評価試験

▷トップ◁

 

シミ画像測定評価試験

シミ画像測定評価試験

シミ画像測定とは

シミが最も気にされている肌の悩みであることは、おそらく多くの人が理解していることだと思います。多くのアンケート調査でもそのことがはっきりと示されており、広い年代で悩みの第1位となっています。

このシミに対する効果を評価するためには、生化学的な方法や細胞を用いた方法などがあり、美白素材の作用メカニズムの解明や、短期間での効果の確認といった点で、非常に有効な手段となっています。

これらの評価試験でスクリーニングを行ったのち、さらに求められるものとして、人の肌に実際に使用した際の効果があります。人の肌で効果があること。これが最終的に求められる結果となります。ここでご紹介する評価試験は、実際に人の肌をマイクロスコープで観察し、シミに対する効果を経時的に測定する方法となります。

試験概要

シミのある肌をマイクロスコープで撮影し、試験試料を1~3ヶ月ほど塗布します。試験前と試験終了時のシミの状態を画像データで比較し、有効性を確認します。


特徴

この評価試験では、使用前と使用後のデータを視覚的に比較することができるため、より強いインパクトを与えることが可能となります。通常のカメラによる撮影では、撮影環境によって色調に変化が生じますが、マイクロスコープは撮影部位を閉塞させるため、常に一定条件で撮影することが可能となります。

得られる画像例

シミのカラーとモノクロ画像この評価試験では、使用前と使用後のデータを視覚的に比較することができるため、より強いインパクトを与えることが可能となります。通常のカメラによる撮影では、撮影環境によって色調に変化が生じますが、マイクロスコープは撮影部位を閉塞させるため、常に一定条件で撮影することが可能となります。





試験メニューその他の試験に戻る