1. トップ

En

▼会社案内 New!

お知らせ

パッチ・スティンギングテスト・RIPTは約2-3回/月、納期1週間~

2019.11.20-22

日本動物実験代替法学会第32回大会 一般演題発表

2019.11月

KTLが2019日中化粧品技術交流貢献賞―銀賞を受賞しました

2019.11.4 New!

きれいテストラボ(KTL)の企業理念を発表しました

2019.9.15

フレグランスジャーナル9月号 化粧品の光毒性評価法/ROSアッセイ

2019.8.12

ハイレベルな【超敏感肌】スティンギングテストHを新たにロンチ

2019.5.6

ROS assay adopted as the new OECD TG495

2019.4.1

Food-Style4月号掲載 日本女性のストレスと皮膚生理検討

2019.3.15

招待講演 うるおい角層研究へのアプローチ/水の役割とシワへの応用

2018.9.18

第50回 化学工学会 (アレルギー)

2018.8.23

第65回 食品科学工学会 2題発表(アレルギー、ポリフェノール)

2018.7月

フレグランスジャーナル7月号 評価試験による抗老化原料の開発

2018.6.11

日本経済新聞 美白関連遺伝子と化粧品原料

2018.5.30

第33回薬剤学会 招待講演*角層構造と機能に及ぼす水分の影響*

2017.11.29

第81回日本化粧品技術者会 約300日本人女性の毛穴目立ち

2017.9.15

産業経済新聞 スティンギングテストの紹介

2017.8.15

フレグランスジャーナル 評価試験による抗老化化粧品原料の開発

2017.7.6

日本経済新聞 光毒性試験ROSアッセイの紹介

2017.6.10

第42回日本香粧品学会「肌のハリ低下に皮脂が関与」

2017.6.6

日本経済新聞 肌のハリ低下に過剰な皮脂分泌が関与

2016.12.19

日本経済新聞 評価試験を活用した化粧品原料開発(セラミド)

2016.11.9

日本経済新聞 「ストレスの少ない生活がシミ対策にも有効」

2016.11.5-6

アレルギー接触皮膚炎学会にてパッチテスト認定修了

2016.10.30

第32回日本ストレス学会 「ストレスとシミ」

2016.8.31

日本経済新聞 安全性試験受託事業が紹介

KTLの受託試験 - what we do -

高機能なものは安心して使えることが重要です。当試験施設では、実験動物やその体の一部などを用いずに(※)化粧品・医薬部外品や原料、美容機器や機能性表示食品などの肌への有効性や安全性を評価する高い技術を持っています。(試験一覧へ)

《有効性》肌への効果を検証するヒト試験では、抗シワガイドライン準拠)・保湿・美白・抗老化・ハリ・弾力・キメ・毛穴・肌荒れ・くすみ改善などへの効果を、専用の人工気候室で精緻に測定します。採血や採便採尿を伴う試験や、被験者自宅に商品を郵送し、アンケートを回収するホーム・ユース・テストHUT, Home Use Test)やデプスインタビューを組み合わせる事も可能です。 生化学試験・培養細胞を用いた試験では、スーパーオキサイドアニオン(O₂-)・ヒドロキシラジカル(•OH)・過酸化脂質(LOOH)などの活性酸素種に対応する抗酸化能、メラニン合成に関わるチロシナーゼ活性、ハリ・弾力を与えてシワができにくい肌にするコラーゲンやエラスチンの生成や分解酵素活性に対する影響、線維芽細胞によるコラーゲン・ヒアルロン酸産生の増加作用を評価します。セラミドや天然保湿因子(NMF)、フィラグリン・メラニンの移行/貯留・微弱炎症など、美白・抗シワ・保湿領域におけるキー作用点で遺伝子発現解析を行い、最新の皮膚科学知見にもとづいて有効性メカニズムを包括的に検証することも可能です。更にコンサルティングを通じ、これらの臨床、非臨床試験に浸透、脳波、肌フローラ試験などを加えてカスタマイズする事も可能です。

《安全性》長期間の皮膚接触によるアレルギー性/累積刺激を評価するRIPT試験、皮膚への刺激性を評価する試験はパッチテストヒト三次元表皮モデル試験スティンギングテスト、洗浄剤などが眼に入る刺激性を評価する試験は眼刺激性試験、太陽光にさらされた化粧品や精油、香料などによる皮膚への悪影響を評価する試験は光毒性試験、誤飲・誤食による急性毒性を評価する試験は単回毒性試験と呼ばれています。化粧品などによるトラブルを防ぐには、これら安全性の確認が重要な開発試験項目になっています。

科学的根拠に裏打ちされた高機能な化粧品、医薬部外品、機能性表示食品やそれら原料を、健康トラブルを起こさずに市場にお届けするお手伝いをすることは、企業使命の一つだと当試験施設では考えています。研究倫理審査委員会を経た高品質な臨床試験および非臨床試験をGood Laboratory Practice (GLP)基準に準拠して実施(※※)、受託する事によって、高機能で安心安全な化粧品や医薬部外品、美容機器や機能性食品がユーザーに届けられることを願っています。

※動物実験を行った成分を配合した化粧品はEU内販売禁止。該当企業との取引(原料、試験委託)停止の動きが国内大手でも広がっています。

※※機能性表示食品等の開発などにおいて必要であれば大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)への事前登録も承ります。

RIPT試験・パッチテスト/月2-3回スケジュール





臨床試験モニターの募集

有効性や安全性試験を実施するにはヒト臨床試験に参加して頂く被験者の協力が不可欠です。"美健クリニカル"では、最新の化粧品やその原料、美容機器や機能性表示食品などの効果試験・安全性試験に参加して頂ける"化粧品モニター"、"美容モニター"、"臨床試験被験者"をネットワーク化しています。"美健クリニカル"の協力で、当試験施設ではユニークな試験を迅速かつ安価に提供することができます。当試験機関のメニュー化された臨床試験は、試験計画書の作成と研究倫理審査委員会(IRB)での審議を経て、同意書取得のもと実施されます。









企業理念 OUR PHILOSOPHY - who we are -

使命 - why we are here -

変化する生活を"KIREI"にする革新的な挑戦を支援します。

知的遺産の集積とともにテクノロジーは飛躍的に発達。平均寿命は延び、環境問題は眼前に迫り、生活や社会の有り様は加速度的に変化しています。この状況下、取りこぼし無く全ての人が幸せに暮らすには、人を肉体的にも精神的にも”きれい(KIREI)”にするアイデアへの絶え間ない挑戦が必要ではないでしょうか。きれいテストラボKirei Testing Labo (KTL)は、人を美しく健康にする革新的なアイデアを世に問おうとしている顧客の活動を支援します。そして世界中に”KIREI”を実現するインパクトを与えたいと考えています。


大切にしている事 - what we stand for -

Professional|KTLは美と健康に関わる試験のプロです。
No compromise       皮膚科学のプロとして試験サービスの品質に妥協しません。
Integrity                  高い倫理基準と法令を誠実に遵守します。
QCD competence     知恵を駆使してどこよりも費用対効果の高い試験を早く提供します。


Responsibility|顧客の挑戦を全力で支援します。
Creativity          顧客の革新的なアイデアにプロの知見をクリエイティブに注入します。
Achievement       当事者意識を持って顧客の目標達成を支援します。
Consulting & customize  リソースを品質にフォーカスさせ、コンサルティング&カスタマイズします。


Team spirit|個性的なスタッフがチームを組んでサポートします。
Diversity             お互いの多様性を尊重し、個性を活かして仕事を楽しみます。
Productivity         仕組みを考え抜き、高度に連携して高い生産性を発揮します。
Engagement        常に学び、ナレッジをチームで共有して互いに成長します。





会社概要


名称

株式会社きれいテストラボ

設立

2018年5月

本社住所

〒135-0047 東京都江東区富岡2-11-18

試験センター住所

〒135-0047 東京都江東区富岡2-11-6 長谷萬ビル3階 (地図

代表者

取締役社長 岩井一郎(医学博士)

電話

03-6695-0144 (緊急時以外はお問い合わせフォームをご利用下さい)

fax

03-5646-2435

email

info@kirei-testing-labo.com

事業内容

化粧品・医薬部外品・機能性表示食品及びその原料、美容機器などの有効性・安全性試験受託